読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆ありさ先生のマラウイ通信◆

青年海外協力隊28年度3次隊 マラウイの小学校で教員をする

6年生調理実習

1年生の算数テストと同じ日。ふたつ前のブログ。
気をとりなおして6年A組へ。
2日前から家に遊びにくる子どもたちが
「調理実習をするからぜったい来てね。」と言っていた、
楽しみにしている授業が10時からあるんだもの。
15分前には彼らの教室。木の下へ。
わくわく。
担任2人なのだが1人しか見あたらず。
さっきの1年A組だって、ほんとは担任2人だったんだから。
何も期待しない。
彼らは担当教科を分けていて、自分の担当以外の授業はどこかでおしゃべりしていることが大半だ。
「メルヴィス、調理実習見にきたよ!」
「Welcomeよー!よしお肉買いに行こう。」

f:id:haalinco:20170316050146j:plain

ヤギ肉を買う。ハエが尋常じゃない。

トマト、お米、オニオンなども買い、戻るともう授業開始時間をとうに過ぎている。
大変だ。と思ったら児童の姿がない。
家に材料や器具を取りに行ったり、枝を集めたりしてるらしい(完全に予想。)

f:id:haalinco:20170316050451j:plain

10時半。メルヴィスも家に帰る。
11時。児童にバウラー運ばせながら、いろいろ持って戻ってくる。
11時20分。なんかすごい遠くの方の木の下でみんな火をつけはじめる。
なにもなしに授業がはじまった。

f:id:haalinco:20170316050317j:plain

先生も

f:id:haalinco:20170316050615j:plain

子どもたちも

f:id:haalinco:20170316050748j:plain

もくもくと

f:id:haalinco:20170316050915j:plain

テキパキと

f:id:haalinco:20170316051040j:plain

クッキング。

f:id:haalinco:20170316051219j:plain

ご飯を炊いてトマトと卵を炒める班

 f:id:haalinco:20170322192541j:plain

メイズを蒸す班

f:id:haalinco:20170322193020j:plain

メイズを火の中に放り込む班

f:id:haalinco:20170322193223j:plain

スパゲッティをこまかく折って

ご飯にまぜる班

f:id:haalinco:20170322193354j:plain

シマを作る班

f:id:haalinco:20170322193505j:plain

一度も児童のところに行かっただけはあり、先生の料理もできてきました!

f:id:haalinco:20170322193738j:plain


完成〜!

f:id:haalinco:20170322194109j:plain


f:id:haalinco:20170322194234j:plain


料理ができると先生たちが

どこからともなく集まってくる。

f:id:haalinco:20170406155157j:plain

子どもが作ったものも

集めて食べる。

f:id:haalinco:20170406155352j:plain

パスタとご飯は混ぜて食べる。


f:id:haalinco:20170406155547j:plain

ご飯とヤギ肉


ごちそうさまでした。